夜型人間が語る朝活のススメ


(一番色白なのが私。。。)

夜型人間、朝活に行く

寝たのは3時起きたのは5時半。

眠い。。
あー!寝坊した!

そこから始まるのが夜型人間の朝活スタンダード。

今日はバリ人の習慣や精神性についてのお話を聴きました。
1年ほど前に、私も初めてバリに行ったのだけど、
家の前置かれた綺麗なお供えセットについてはずっと気になっていた。

お供えは、一度置いたら大してその後は執着しないところには
最初驚いたが、日本のお墓でも花や食べ物を一度供えたら
しばらくしたらかたづけてはいくものの、
傷んでいくことや多少散らかってしまうことには
たいして執着してないよなと思うと妙に納得。

また、今日話してくれた姥舞さんは、
滝修行もしてきたみたい。

あまりの水圧に今までの自分がすっぽり抜け出てしまったよう。。。

という話はとても印象的でした。
滝修行って、そんな感覚が得られるんですね。

 

 

オープンから入るという楽しみ

デパートの開店時間にお店にはいると
店長をはじめ店員さんが総出で
並んでいらっしゃいませと挨拶してくれるが
それがむずがゆいという人も多いと思います。

今日はお店ではなく、
皇居の庭に朝九時の開門と共にはいってみました。
デパートのような店員さんのお出迎えはなく
マイペースに過ごせて、こちらの方が好みです。

そして、山登りしそうなでっかいリュックを背負っている私は
警備している警察官に少し念入りに荷物チェックを受けます。
そりゃ怪しいですよね(-_-)

自然のあまい香りを感じ、
日差しの柔らかな暖かさと、
まだ冬の気配が残る冷たい風を触りながら散歩。

まだ誰も居ない道を歩くのは、のびのびと豊かな気持ちになります。

パトロール中のチャリンコ警察官にベンチのありかを訪ねると
自転車からきっちりと降りて、
ベンチと地図の場所を教えてくれるのでした。

これはとっても日本クオリティ。
朝からバリと日本を堪能して、今日が始まります。

 

Kuni Coach @朝が早いと一日が長い♪

About the author

◆Mental Coach Kuni について◆

大学卒業後、日系大手企業への業務改革コンサルティングを9年間経験。欧米アジア各国のメンバーとも協業。
また、NPO組織にてモチベーションだけで人を動かすマネジメントを、コーチングを通して心にリーチするコミュニケーションを学ぶ。
2015年に独立。

最新の投稿

素食は、質素な食事っていう意味だけじゃないのよ。【イベント告知あり】​
2017-10-13
第5回 会話のプロの頭の中 ダダ漏れ座談会
2017-09-27
【あと5日。8/19(土)からコーチングクラスやります】
2017-08-15
異国の地では日常がチャレンジに(ミャンマー2017 PART1)
2017-07-23
コミュニケーションは聴く力が9割!
2017-07-21
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930